すぐ使える!正規表現サンプル集
〜 お勉強編 〜
Google
WWW を検索 hodade.adam.ne.jp を検索

      このエントリーをはてなブックマークに追加

エスケープが必要な文字

正規表現では特別な意味を持つ文字がいくつかあり、そのまま記述すると意味のある指定と解釈されます。
これらの文字を、通常の文字列として認識させる場合は、エスケープしてください。
(エスケープとは、\ マークをつけて特殊動作を無効にさせること。)


エスケープ前エスケープ後注意点
\\\エスケープを行う文字そのものなので、\ だけの記述はできません。
\ にマッチングさせたい場合は \\ と記述してください。
*\*
+\+
.\.
?\?
{ }\{ \}出現回数指定文字なのでエスケープが必要
( )\( \)エスケープしないと後方参照が作成される。またはグループ化される。
[ ]\[ \]直前文字の出現回数指定文字なのでエスケープが必要
^\^行頭を指定することになる。
$\$行末を指定することになる。Perlの場合は、変数の先頭文字である。
-\-[ ]の中に書く場合のみエスケープが必要
|\|
/\/Perlでは / が正規表現の指定になるのでエスケープが必要。
言語によっては、" がエスケープ必要となる。

<<前のステップへ




行末の空白を削除する正規表現もあります。

1.正規表現とはなにか?
正規表現を簡単に説明すると?

2.正規表現を使う準備
まずはエディタの設定

3.正規表現サンプル集
【検索編】

検索で使える正規表現

4.正規表現サンプル集
【置換編】

置換で使える正規表現

5.正規表現のお勉強
正規表現で検索
少し高度な検索
文字列置換
最短一致について
エスケープ文字のこと
上から順番にだんだん難しくなります

6.エディタの強調表示でテキストに色づけ
色つきで見やすくできます

7.プログラムで正規表現を使う
各種プログラム言語でも使えます

8.お買い物コーナー
マルチディスプレイがおすすめです

9.正規表現だけでは対応できない場合
フリーソフトを使ってみましょう

10.ナイスな記事集
ここよりスゴイ正規表現がある


Since 2005.09.30 / HODADE SYSTEMS / Update 2010.03.30